【映画】「ゴッドファーザー PART I 」の紹介。ネタバレなし

★★★★★

アメリカのマフィアの内幕を描いたマリオ・プーゾのベストセラー小説を、当時32歳のフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した壮大なファミリードラマ。イタリア・シシリー島からアメリカに移住し、巨万の富を築き上げたビトー・コルレオーネ一族の跡目相続や、世代交代を謀る周囲のマフィアとの間に起こる抗争が重厚なタッチで綴られる。

Amazon楽天

監督:フランシス・フォード・コッポラ
キャスト:マーロン・ブランド/アル・パチーノ/ダイアン・キートン
日本公開:1972年

感想

大好きな映画でもうなんども観ているのだけれど、映画「ゴッドファーザー」の魅力は何かと聞かれても、うまく答えられませんね…。

単純にストーリーが面白いとかではなくて、テーマとしてファミリー愛とかもあるのだろうけれど、でもそれがいいというわけでもなくて、なにかこう…滲み出てくる何か、としか言えなくて😅

約3時間の長い映画で、物語的に起伏が激しいわけでもないので、人によっては全く面白くないと感じるであろうことも理解出来ます。評判がいいから観てみたけどつまらなかったという人は多いと思います。

そもそもイタリアンマフィアとか日本人には馴染みないですしね、マーロン・ブランド渋いなぁアルパチーノかっけぇ、みたいな見方でいいんじゃないですかね。